男前になるための努力を怠らない人が雰囲気イケメンになれるんです。

MENU

雰囲気イケメンとは?

 

ハテナ

 

誰もが羨むイケメン!というわけでもないのに、
なぜか人気がある男性のことを雰囲気イケメンというそうです。

 

彼らは、人より顔がカッコイイのではなく、全体のバランスが整っていて雰囲気でイケメンのように見えるという、ちょっと可哀想な例え方をされます。

 

イケメンに見える雰囲気とはどんなものなのでしょうか。
雰囲気イケメンと呼ばれる彼らには次の様な特徴があります。

 

  • 1.オシャレに気を使っている
  • 2.スタイルなど見た目に気をつかっている
  • 3.優しい
  • 4.気配りが上手
  • 5.トークが上手
  • 6.ちょっとオタクな一面がある

 

身だしなみ

爽やかな男性

 

イケメンの条件として見た目のカッコ良さは絶対に必要ですが、それを満たすための条件に雰囲気イケメンの特徴1と2が該当します。

 

服装や髪型、アイテムなどのオシャレに気を使うのは、相手に好印象を持たせるための基本です。

 

芸能人を見ていると分かるように、顔がカッコイイ人は何をしてもキマって見えます。

 

裏を返せば、顔がそこまで良くないのなら、それ以外の部分を良く見せるために最大限の努力をしなければイケメンとは認定されないということです。

 

そして、イケメンといえば、「」も重要な要素になります。
デブだけどイケメンというのは成立しないからです。

 

女性が思い描くイケメンは総じて男らしい筋肉質な体の持ち主なので、男性も体のラインは意外とチェックされています。

 

雰囲気イケメンは間違ってもパンツのウエスト部分に肉が乗ってはいけないのです。

 

さらに、イケメンは爽やかとまでいかなくても、不潔な印象を与えてはいけません。
見た目はもちろん、口臭、体臭などの臭いにまで気を使ってこそ雰囲気イケメンなのです。

 

 

優しい・気配り上手・トーク上手

 

楽しそうな男女

 

次に、一緒にいて気分を良くさせてくれることも雰囲気イケメンの特徴で、これに当てはまるのが3、4、5です。

 

何度も言いますが、真のイケメンは何をしても、しなくてもイケメンなのです。
仮に性格が悪くたってイケメンであることに変わりありません。

 

しかし、雰囲気イケメンは違います。

 

女の子の気分を上げてくれなければちょっとオシャレな普通の人、態度が悪ければナルシスト扱いされるかもしれません。

 

優しくされて嫌な女の子はいませんし、会話が弾むと楽しいし、周りへの気配りなどを見て良い人だと感じます。

 

その人が会話に混ざるだけで、急に話しやすくなったり、盛り上がるような人は男女問わず人気があると思います。

 

特に他の人がしてくれないような配慮をしてくれると、それだけでイケメン度が増して見えるものです。

 

 

ちょっとオタクな一面がある

 

最後に、女の子は自分が知らない世界をもっている男性に魅力を感じることがあります。
雰囲気イケメンの特徴6は、そうした魅力をみせるのにピッタリです。

 

何か気になることが出てきて、調べているうちに、どんどん深く探りたくなって分かると満足するのと同じ効果があります。

 

もちろん、興味ないことを自慢げに話されても魅力を感じることはありません。

 

純粋にそのことに詳しくて、たまたま話題に出た時に、その知識の深さに魅力を感じたり、興味を持ったりするのです。

 

そうしたオタクな一面から、普段は分からない部分が垣間見えたり、ギャップを感じたりすると、なんだかとってもイイ男に見えたりします。

 

ギャップ萌えという言葉があるくらい、人は意外性に弱いので、プラス評価に働くギャップがあると、それだけで雰囲気イケメンに近づきます

 

 

 

顔よし、頭よし、性格よし、と三拍子そろっていれば、誰もが憧れる完璧な人です。
イケメンは顔がよければそれだけで十分です。

 

雰囲気イケメンとは、自分が努力できる範囲で、いい男になるための努力をしている人なのです。

 

 

包茎手術クリニック